OIProgram
電通大カリキュラムとOIプログラム

基盤理工学オープンイノベーションプログラム(OIプログラム)は、 大学院進学から始まる大学院特別教育プログラムです。現在は基盤理工学専攻の博士前期課程進学者のうち博士後期課程進学志望者を対象としています。博士前期課程の間に学外の研究機関でのラボワークを履修する独自のカリキュラムをもっています。

ProgramModel
OIプログラムカリキュラムの特徴

OIプログラムのカリキュラムの特徴は、博士前期課程の必修科目・学外ラボワークを履修することです。博士前期課程の間に3ヶ所の学外の研究グループに滞在して新しい研究テーマを体験しながら研究力を鍛えます。学外ラボワークの取組内容はOIプログラムに関係する学生・教員・研究者で共有して異なる分野の知識・技術を学びます。OIプログラムを通して研究の最先端の現場から実践的に学び、独創的な博士研究者への成長を支援します。(学内アクセスでは履修モデルがご覧になれます。)

OIRequiredCredits
OIプログラムの修了要件

OIプログラムは修士・博士一貫カリキュラムの修了要件が設定されています。OIプログラムの修了要件には通常プログラムの博士後期課程で取得すべき単位も含まれています。OIプログラムではオープンイノベーションラボワークという学外ラボワークが3科目12単位が必修となっています。また、演習科目としてオープンイノベーションスクールという科目があり2科目2単位が必修です。オープンイノベーションスクールでは、OIラボワークで取り組んだ研究テーマについて発表、質疑応答などをとおして研究に対する理解を深めます。

OIプログラム履修者数

基盤理工学専攻のどのプログラムからも履修できます。
平成30年度4月時点
電子工学プログラム2名
光工学プログラム1名
物理工学プログラム1名
電子工学プログラム1名
博士後期課程2名(OIプログラムの博士前期課程修了者)

OIProgram
電通大OIプログラム概念図1(2014年)

光科学・物理学分野の強みを活かした最先端教育研究ネットワーク

OIProgram
電通大OIプログラム概念図2(2014年)

オープンイノベーション型人材の育成を目指した多摩連携ネットワーク教育研究拠点

OIProgram
電通大OIプログラム概念図3(2014年)

オープンイノベーションプログラム履修モデル