最新のお知らせ

 

平成30年度基盤理工学OIプログラム受講生を募集しています

基盤理工学オープンイノベーション(OI)プログラムは、修士・博士一貫カリキュラムの基盤理工学専攻の特別プログラムです。OIプログラムでは博士課程志望者を対象として、修士の2年間に選択科目の講義科目に替えて、電通大近隣のNICT・天文台・極地研・農工大などの教育研究機関で最先端研究を実践的に学ぶラボワークを必修科目としています。卒業研究で取り組んだ研究テーマとは敢えて異なる研究分野を経験することで、将来の研究活動の独創性を育てます。
現在、新年度・平成30年度に基盤理工学専攻進学者のOIプログラム受講生を募集しています。

平成30年度向けOIプログラム説明会の開催案内

 平成30年2月16日(金)に平成30年度基盤理工学専攻進学者(現卒研生)・大学院進学入試志望者(現3年生)向けに大学院特別プログラム・OIプログラムの説明会を開催します。

開催日時:平成30年2月16日(金)13時30分から
開催場所:東6号館237教室

OIプログラム説明会案内(PDF)

平成29年度博士前期課程論文発表会(OIコース)の開催案内

 平成29年度基盤理工学専攻基盤理工学オープンイノベーションプログラムの修士論文発表会を開催します。是非、ご参加ください。

開催日時:平成30年2月8日(木)13時30分から
開催場所:東6号館803号室

OIコース論文発表会案内(PDF)

OIプログラム・ミーティング(H29.#21)開催のお知らせ
平成30年2月2日(金)13時集合:東6号館237号室

OIプログラムミーティングを次の予定で開催します。

日時:平成30年2月2日(金)13時 集合
場所:東6号館237号室

以前のおしらせはこちら.

UEC_ES_OIprogram

admission_ie

picture
picture

基盤理工学オープンイノベーション(OI)プログラム

平成27年度より、先進理工学専攻に大学院特別教育プログラムとして先進理工学オープンイノベーションコース(OI コース)がスタートしました。平成28年度の大学改組で「基盤理工学オープンイノベーションプログラム」と改称しました。

OIプログラムは、博士課程前期(修士)・後期(博士)の5年年一貫の特別教育プログラムで、先進理工学専攻の全4プログラム(電子工学、光工学、応用物理工学、化学生命工学)から志望することができます。

OIプログラム生は、博士課程前期の2年間を中心にラボワーク型(実験など)科目を3科目以上受講します。 ラボワーク科目は、情報通信研究機構(NICT)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京農工大学、国立極地研究所(NIPR)、東京外語大学等の様々な研究分野の研究教育機関において開講されます。 先進的な各機関の研究環境の中でプログラム生が自らテーマを設定し、実践形式で先端分野の技術と学術体系を学んでいきます。

また、プログラム生は毎学期に合宿形式での発表機会を設けてそれぞれの段階におけるOIプログラムの活動について成果発表を行います(スクール)。スクールには、プログラム担当教員のほか、各機関の教員および研究者、さらに産業界の技術者・経営者が参加することもあります。